ニキビ跡を消してくれるファンデーションって?


お肌にできてしまった嫌なニキビですが、そんな嫌なニキビを消した後もニキビ跡として残り続けてしまう可能性があります。
嫌なニキビ跡はメラニン色素が色素沈着を起こしてしまってできたものなんですね。
嫌なニキビ跡を改善、消すうえでファンデーションを使用するという方法があります。
ファンデーションだけでなくコンシーラーや化粧下地で消すという方法もあるんですね。
ニキビ跡がほかの人に見られるのがすごく嫌だという方も多いと思うのですが、そのニキビ跡を消すことでその場をしのぐことはできます。

カバー力の高いファンデーションはお肌に強い刺激

カバー力の高いファンデーションを使用することでニキビ跡をしっかり消すことはできるでしょう。
ですがカバー力が高ければ高いほど、どうしてもお肌に対する刺激が強くなってしまうのです。
そしてその強い刺激はニキビ跡に対してひどい刺激を与えてしまいます。
ニキビ跡が悪化してしまう可能性があるんですね。

パウダーとリキット、どっちがおすすめ?

でもどうしても隠したいという場合には、カバー力の低いものを選ぶことをお勧めします。
化粧下地によってニキビ跡が気にならないような状態にすることができます。
またパウダーファンデーションの場合はどうしても刺激が強くてお肌に対して悪い影響を与えてしまいます。
ですのでパウダーファンデーションではなくリキッドファンデーションの方が効果的でおすすめとなります。
リキッドファンデーションの方が隠すことはできて、また刺激も少なくて済むというメリットがあります。

ですがそれでもやはりどうしても刺激はあります。
ですのでお肌のニキビ跡に対して刺激を与えないように隠すよりも改善することを考えることが良いでしょう。

重要なのは「隠す」ことではなく、元からキレイにすること

改善していくためにはスキンケアが必要です。
隠すことでニキビ跡が悪化してしまうという可能性がありますから、悪化させるようなことはあまりお勧めできません。

隠すということはその場だけになります。
その時だけなのです。
ですのでその時だけ消す必要がどうしてもあるのであればできるだけ刺激の少ない方法で隠すようにしましょう。
そしてしっかりと美白クリームなどでケアをしてあげるということが大切になります。

毎日美白クリームを塗り続けましょう

美白クリームでは即効性の効果は得られないかもしれませんが、毎日美白クリームをしっかり塗ることによって高い効果を得ることはできます。
少しずつ効果を出すことができるでしょう。
ですので改善することができるまでにはできるだけ悪化させないようにして美白効果のあるクリームを塗り続けることをお勧めします。

美白効果のあるクリームの選び方
黒ずみが気になる方
シミが気になる方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です