シミ取りを皮膚科でしたい!気になる費用は?


シミがどうしてもいやだという場合、またスキンケアやサプリメントで治すのは時間がかかってしまうから早く治したいという方は、皮膚科で治すという方法があります。
皮膚科に通うことによってしっかりと治しておくことができるんですね。
皮膚科で行う治療としてシミ取りがあります。

ですが皮膚科でシミ取りを行うなら気になることも出てくるでしょう。
それが費用です。
皮膚科でシミ取りをしようと思ったらどれぐらいの費用が掛かることになるのでしょうか。
とても気になるところですよね。

皮膚科で行うシミ取り方法の種類と費用

皮膚科で行うシミ取りの方法としては実は一つではありません。
いくつか種類がありますので、それぞれ費用の設定も違います。
まず一つ目にレーザーやフォトによるシミ取りの治療です。
二つ目が外用薬を使用する治療です。
三つ目に内服薬による治療となっています。

レーザーやフォトによる治療

レーザーやフォトによる治療の場合は、即効性が高いという特徴があります。
とにかく手っ取り早くしっかり早く治したいという方にお勧めすることができる治療法ですね。
費用に関してですが、レーザー治療にも種類があるのでその種類によっても異なります。
そしてまた回数によっても異なります。
治療やお肌の状態によって何度施術が必要になるのかということが違ってきます。
またお肌のどれぐらいの範囲の部位に対して行うのかによっても違います。

大体1回に付き1万円もしないぐらいから、1万円を超えて2万円いかないぐらいの価格帯が多いですね。
また皮膚科によっても値段は違ってくるかと思いますので、皮膚科で比較するという方法もあります。
しっかり比較して費用についても事前にどれぐらいかかるのかということを確認しておくとよいでしょう。

美容目的によるレーザー治療やフォト治療は自費診療

美容目的によるレーザー治療やフォト治療の場合には自費診療となってしまいます。
ですが生まれつきあざがあるというような場合には、その生まれつきのあざやシミを消す目的であれば保険が適用されるというケースがあるんですね。
Qスイッチルビーレザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザー、炭酸ガスレーザーといった治療方法が保険が適用されるケースが多いです。
加入されている保険によっても、適用されるかどうかが異なりますので生まれつきのあざやシミなどの場合には、まずは受診をしてみて確認するとよいかもしれません。
保険会社に問い合わせてみるのもよいでしょう。

外用薬や内服薬は比較的リーズナブルなのでまずはそちらを試すのがいいかもしれません。

シミに効くクリームの効果のある成分について
シミに効果的!飲み薬の選び方とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です